白髪染めエキスパート

白髪染めの原理と、その種類と特徴についてご紹介しています。

白髪染めとは

白髪染めをする際は、必ず酸化染料とアルカリ剤が入ったクリームタイプ、もしくは液状タイプのものと、酸化剤のものを混ぜて使います。

酸化染料とは、色の元となる成分で、自分がしたい髪の毛の色のものが入っています。

酸化することで発色するので「酸化染料」と言います。

そしてアルカリ剤ですが、これは髪の毛の表面はもともとキューティクルで守られているのですが、アルカリ剤によってキューティクルを開き、色の成分を染み込める役割があります。

さらに同時に脱色効果もあります。

もう一つ、酸化剤ですが、これはアルカリ剤の働きにより、酸化し、メラニン色素を脱色するという働きがあります。

これらをよく混ぜて使うときに、白髪染めをすることができます。

白髪染めには色々なタイプがあります。

白髪染めヘアカラークリームタイプのもの、また白髪染めヘアカラー乳液・液状ジェルタイプのもの、さらに白髪染めヘアカラー泡タイプ・フォームタイプのもの、さらには白髪染めヘアカラー粉末タイプのもの、最後に白髪染めヘアマニキュアタイプのものです。

クリームタイプのものは、生え際の白髪や部分的な白髪を染めたいという方にお勧めです。

乳液・液状ジェル対応は伸ばしやすく、髪の毛全体を染めたいという方にお勧めです。

スピーディーに染めることができます。

泡タイプのものはスタイリング剤のように、簡単気軽に染めることができます。

そして粉末タイプのものですが、経済的で、簡単という特徴があります。

また歴史が古く、昔ながらの商品が多いようです。

最後にマニュキアタイプのものは皮膚にアレルギーのある方にお勧めです。

持続性はあまりありませんが、刺激が少ないのでパッチテストも必要ありません。